育毛シャンプーは、多くの商品を比較して選ぶことが大切

治療法

シャンプーする女性

薄毛といえば男性の悩みという印象ですが、実は多くの女性も悩んでいます。 特にここ最近多いのが、比較的若い20代から30代の女性です。 この時期の女性は、仕事や出産、育児と大変忙しく、ストレスや疲労からホルモンバランスが崩れやすくなると言われています。 実は、このホルモンバランスの崩れが脱毛に大きな影響を与えているのです。 また、過度なダイエットや食生活の乱れにより、髪に栄養が行き渡らなくなり、これが脱毛の原因の1つとなっているケースもよく見られます。 さらにもう1つ、女性はどうしてもパーマやカラーリング、それに髪を結んだりひっつめたりと負担をかけている状況になりがちです。 こうした様々な要因が重なることで、薄毛が起こってしまうのです。 髪が痩せてきた、抜け毛が気になると感じた時は、こうした原因を1つずつ確かめて改善することが大切です。

男性の薄毛のほとんどは、頭頂部や生え際が薄くなりそこからどんどん進行していく男性型脱毛症(AGA)が原因とされています。 一方、女性は男性とは違い、部分的に薄くなっていくのではなく、髪全体薄くなっていくタイプがほとんどです。 これを、女性型脱毛症(FAGA)もしくはびまん性脱毛症といいます。 男女とも、薄毛治療は病院で医師が処方した薬剤が効果的です。 しかし、AGAが原因の薄毛治療の薬剤とFAGAが原因の薄毛治療の薬剤は全く違うものとなるのです。 これは、AGAは男性ホルモンが影響して起こりますが、FAGAの原因は複雑な要因の絡み合うためなのです。 現在、女性の薄毛治療に高い効果を発揮するとされる「パントガール」という薬剤は、髪に栄養を与え抜け毛予防に成果をあげています。 これを3ヶ月以上継続して使用することで、改善に期待ができるとされているのです。